住宅を選ぶ際の面積

厚木の分譲住宅を選ぶ際の面積

厚木は交通アクセスもよく人気のエリアです。分譲住宅を厚木に購入しようとお考えの方もいるのではないでしょうか。分譲住宅を選ぶ時は予算や立地などの希望で絞り出していくのですが、その条件の中でも面積は大事です。

分譲住宅を購入する理由に、家族が増えて手狭になったからという方もいるでしょう。ライフステージが変わると必要とする面積も変化してきます。夫婦二人の時はリビングダイニングと寝室があれば十分に暮らせますが、お子様が産まれるとそういうわけにもいきません。赤ちゃんのうちは良いですが、大きくなってきて学校に通うようになると専用の子供部屋が必要になってきます。

きょうだいが産まれれば、同性ならば一部屋でも良いかもしれませんが異性きょうだいとなると部屋を分けるのが一般的です。もちろん同性でも子どもたち自身は自分専用の部屋が欲しいという子も多いですし、受験勉強の時だけは夫婦の寝室で寝てもらって無理やり一人部屋にするというのも大変です。

予算に余裕があれば赤ちゃんの頃からキッズルームを作る事も可能でしょう。最近は赤ちゃん用の部屋の可愛らしいカーテンや子ども用の小さめのベッドといったインテリアグッズなども豊富です。もともと欧米では赤ちゃんの時から専用の部屋を与えるという文化があり、それが日本でも注目を浴びつつあるのです。分譲住宅の値段はほとんど土地の値段だとも言われています。家屋部分はどこにいってもあまり値段は変わりませんが、土地の値段はエリアや駅からの近さによって変動します。

厚木は都心へのアクセスも便利なので全国的に見れば土地は高い方と言えるでしょう。坪ごとに値段が決まっているため、面積が広ければその分値段もたかくなります。分譲住宅の物件情報を見ていると似たような広さの住宅が多く見つかるのではないでしょうか。あまり広すぎても値段が高くて買い手がつかないですし、狭すぎても使い勝手が悪いのでこれも買い手がつきにくいです。

自然とちょうどよい広さの住宅が増えてくるのです。一つの土地を分割して分譲しているものもよく見られます。これも、元々は大きな家が建っていたりして一つの土地だったものをファミリー向けのちょうどよい広さに分割しているのです。

現代は核家族の方が多く、大きな一軒家よりもちょうどよい広さの住宅の方が需要が多いのです。大事なことは、自分たちが生活していく上でどれくらいの面積が必要か、どれくらいあれば足りるのかということを把握しておくことでしょう。”

メイン -->

Copyright© 都心にも近い厚木に分譲一戸建てを建てる All Rights Reserved.