どれくらいの費用がかかるか

解体にはどれくらいの費用がかかるか

慎重を要するアスベスト解体を依頼するケースとして一番多いのが古家を解体することで、売地として扱われている場合は売主の方が更地にして引き渡してくれるのか買主の負担で古家の解体も行うのかによって、用意しておく料金も違ってきます。どちらにしても新築で家を建てるのでしたら、新築業者に古家の解体も同時に依頼することも可能ですが、専門の解体業者に依頼することも出来ます。この場合全社の方が料金的にも安くなります。新築業者が古家の解体を引き受けることは出来ますが自らは作業を行わずに下請け業者に依頼をする形で作業を行います。この場合費用に下請け業者による作業の手数料が上乗せされる料金となります。

家屋の解体費用の内訳には足場の組み立てや養生、廃材の分別や処分、整地代も含まれており、さらには近隣に対して騒音などの迷惑とならないような対策を施すための料金も入ります。このような内訳で対象の家屋が木造2階建ての場合でしたら、床面積の坪単価で3万円から5万円程度かかるようになります。たとえば30坪の家屋の場合でしたら100万円前後はかかるということになります。また建築リサイクル法により延床80平方メートル以上の家屋の場合は作業を行えるのは届け出業者に限られるということがあり、依頼出来る業者も限られてしまうことがあります。かかる金額は対象の家屋の敷地の条件や近隣の建物の関係によって多少変わってきます。

また解体の前に家の中に不要な家具や家電があった場合は、合わせて処分を依頼することも出来ます。もちろん処分する際の費用も必要になり処分する家電の中にエアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機があればリサイクル法の定めにより、別途リサイクル料金が発生します。

家屋の解体作業を始めてから撤去が必要であると分かるものに、地中障害物というものがあり、これには建物の基礎をはじめ浄化槽や古井戸、廃材などがあり事前に分かりにくいものになるので、別途見積もりが必要になってきます。浄化槽に関しては清掃料金なども加わるようになります。

建物の解体を行った時に最終的には整地を行い更地にしていくわけですが、この時に必要に応じて庭にある樹木や庭石、池があればその撤去や埋め戻し、また擁壁やブロック塀は補修する場合もありますし、撤去を行うこともあります。これらの撤去に関しても別途で費用が発生します。

こうした諸費用も含めて総額を見積もりしてもらい、作業を依頼できる業者を探すようにするのが望ましく、いくつかの業者に見積もりを出してもらい料金の比較をすると良いでしょう。”

Copyright© 解体工事に使う様々な工具と車 All Rights Reserved.