分譲住宅の土地代

厚木の分譲住宅の土地代は価格に含まれます。

厚木は都心にほど近いところにあり、交通の便もいいために都心で働く人たちのベッドタウンとなっています。また厚木は観光地としても有名で名所旧跡が多くあります。さらに最も多いのは児童公園や自然公園の類で、産業が発達している土地でありながら、豊かな自然に恵まれています。そのため自然に囲まれたところで生活したいという方にとっては厚木に住むことは非常に最適です。

厚木には一戸建ても多くありますが、分譲住宅も多くあります。へーベルハウスや住友林業などの建設会社が広大な土地を一括して購入し、分割譲渡していくという形式の居住形式を進めており、こういった分譲住宅では土地代と建物代がセットになって販売されているので、それぞれを別々にして考えなければならない一戸建てよりも資金との関係について計算が簡単になります。

一戸建てでも土地代が価格に含まれている場合もありますが、それはあくまで例外で基本的には建物と土地は別々の値段となっています。一戸建ての場合はその代わりに同じような家屋がほかになく、また設計も居住者が自由に設計士を雇って設計することができるので、持ち家としてのメリットを完全に享受して自由に自分のお気に入りの家を建てることができます。

それに対して分譲住宅は土地代が建物代とセットになっていますが、建設会社がすでに建設したものに居住することになりますので、周りには同じような家が多く並ぶことになりますし、自宅の家は他と変わりませんので、持ち家となるといってもなんとなく賃貸住宅を借りているのと変わらないような感じになってしまいます。しかし分譲住宅は多くの建設業者が行っていますので、その種類も様々です。事前にいろいろと注文を付けることができる分譲住宅もできてきましたし、リフォームや色を変えるということも自由に行えるどころか、建設会社が割引でやってくれたりするようになりました。

さらに分譲住宅は大きな土地をいっぺんに住宅街にしてしまうため、その近辺には学校、公園、病院、ショップなど生活に必要な施設がすべてそろうことになりますので、生活するには便利な場所ということができます。

厚木で分譲住宅を探す場合には、自分の住みたい家がどのようなものでそれに応えてくれる建設会社はどこか、ないならばできるだけ自由に家屋を改造させてくれる住宅はないかどうかについて調べてみて、建設会社と交渉の上で、沖新居絵里の家を探しましょう。”

Copyright© 都心にも近い厚木に分譲一戸建てを建てる All Rights Reserved.