慎重を要するアスベスト

慎重を要するアスベストを含んだ部材の解体作業

慎重を要するアスベスト建物の解体作業を行う場合には、当然に多くの粉塵が発生することになります。

このために、その工事を行う解体業者は、その解体現場の周囲に足場を組んで、それにビニールシートによる覆いを設けて遮蔽幕を張ったり、水をかけながら作業を行うなどして、できる限り粉塵が周囲に広がることのないように、努力をして作業を進めているわけなのですが、それでも全く粉塵を出さずに作業を行うことは不可能と言えます。

そして、この建物の解体作業に伴う粉塵の中でも特に問題になるものが、現在では発癌物質として認識されるようになっているアスベストなのです。

アスベストとは石綿のことなのですが、これを人体が肺に吸い込んでしまうと、癌を誘発してしまうなど、いろいろと身体に障害をもたらしてしまうことが判明しているために、特にこのアスベストに関しては、粉塵を発生させないように解体を行うことが要求されている、というわけなのです。

とはいっても、実際の工事現場では、そのように上手く撤去できるような環境になっているとは限らず、最大限に注意を払って撤去作業を行おうとしても、どうしても石綿の粉塵が発生してしまう、というやむを得ない事情があるようなのですが。

このために工事業者は、このアスベストを含んでいる建物の部材を取り除く際には、それを粉砕してしまって粉塵を出してしまうことのないように、注意深く部材ごと取り除いて撤去する、といった解体工法を採るようにしているわけです。

特に、以前に建てられた体育館や各種の大きなホールのような建物の場合には、この石綿を含んだ部材が大量に使用されている場合が多いために、このような建物の解体工事を行う場合には、工事業者はかなり神経を使って作業を進めなければならないことになるのです。

もっとも、現在ではこうした部材の使用は禁じられるようになっているために、新しく作られた建物の場合には、そのような部材が使用されていることはないのですが、解体の対象となるような建物というのは、かなり前に建てられて古くなっている建物である場合がほとんどであるために、どうしても、こうした石綿を含んでいる部材の撤去をしなければならない、ということになってしまうわけなのです。

このように、アスベストを含んだ部材を大量に使用している建物の解体工事を行う際には、工事業者は非常に慎重に注意深く、できるだけその粉塵を出さないように、部材の撤去作業を行わなければならないために、相当に神経を使った作業を行わなければならないのです。

メイン -->

Copyright© 解体工事に使う様々な工具と車 All Rights Reserved.