仕事の意味と役割

解体業という仕事の意味とその役割とは

仕事の意味と役割建物を解体する仕事というものは、どのような場合に必要とされるものなのかといえば、そのほとんどが、建物の建て替えのために必要とされるもの、と言うことができるのではないでしょうか。

何故かと言えば、建物の建て替えを行うためには、その大前提として、現在建っている建物を取り壊して撤去してしまわなければ、そこに新しく建物を建てるということはできないからなのです。

場合によっては、単に、そこを何も建物が建っていない更地にしてしまうための解体、といったことも行われるのでしょうが、その大半の場合は、その建物が古くなってしまったことで、新たに建て替えを行うために、現在建っている建物を取り壊して撤去してしまうために行われるもの、と言うことができるでしょう。

これは言ってみれば、建物の新陳代謝を行うための作業とも言えるもので、寿命の長い鉄筋コンクリート造りの建物ではあっても、その寿命はせいぜいが数十年ほどであり、ましてや木造建築ともなればさらにその寿命は短いわけなので、建物の解体需要というものがなくなってしまうことはない、ということになるわけなのです。

このことはつまり、建設業と解体業とは一対のもの、と言えることになるわけで、まったくのゼロからの新築ではない限り、建設工事の前には必ずそのための解体工事というものがある、ということになるのです。

このように、建設→解体→建設、という連鎖によって、建物の新陳代謝というものが行われているというわけですから、まさに建設あるところには解体がある、ということができると言えるでしょう。

従って、建設業という仕事とほぼ同じ数だけ解体業という仕事がある、と考えていいのではないでしょうか。

ところがどうゆうわけか、この世の中では、建設業というものがごく当たり前にあるものと考えられているのに比べて、解体業というものは、どうも忘れられている存在であるように見えるのです。

その意味では、建設業という建物を作って行く仕事に比べて、今ある建物を撤去するという仕事であることから、建設業に対して縁の下の力持ち的な役割を担っているものである、という言い方もできるのかもしれませんが。

しかし、いずれにせよ、解体業というものがあってこそ、老朽化して時代遅れとなった建物を新たに生まれ変わらせるために、建て替えを行って再出発させることができている、ということは間違いのないことだと言えるのではないでしょうか。

Copyright© 解体工事に使う様々な工具と車 All Rights Reserved.